お知らせ

女性のメンタルヘルスに関すること

周産期の薬物治療について

周産期の向精神薬の扱いについてよく質問されるので、お話ししたいと思います。簡潔にいうと、産前・産後ともに多くの向精神薬は問題なく使用可能です。

当院ではバルプロ酸、炭酸リチウムなどの気分安定薬のみ催奇形性のため使用不可にしております。他の抗うつ薬や抗不安薬については、必要があれば内服、必要がなければ中止または減量としております。もちろん母乳移行の問題などありますが、大きな問題になることはないです。それでも心配であれば母乳&ミルクの混合乳の利用もいいかと思います。

不安症状が強いと早産を誘発するというエビデンスもあり、そのようなケースでは積極的に向精神薬を使用すべきと考えます。

何かわからないことなどございましたら診察時に質問して頂くか、LINEにてチャットで質問下さい。