お知らせ

心理士によるコラム

食養生について

食養生について心理士沓名がまとめましたので日常の療養の参考にしてください。

現代は飽食の時代で、街には美味しそうな食品が溢れかえっています。テレビやネットでも、手軽に作れる時短レシピや目にも美味しい映えレシピが目白押しです。一方で、カロリーはあっても体にとって必要な栄養素が不足していたり、必要な栄養素を取り入れるのに、数あるレシピから何を選んだら良いか迷ってしまう事があるのではないでしょうか。

かくいう私は、料理はなるべくしたくない、自分だけなら冷凍ご飯を温めて、ふりかけをかけて終わらせてしまいがちでした。そのせいか、疲れが抜けない、何となくだるい、胃腸の調子が悪い等の未病の状態が続いていたので、一念発起し、和食薬膳を学んでみました。コロナ禍を挟んで3年間のコースを終え、自分の体質に自覚的になり、どんな食材を取り入れたら良いかが以前よりわかるようになりました。その結果、胃薬等にお世話にならなくても未病状態がだいぶ改善してきました。


調子が悪いと、医者が何とかしてくれる、薬を飲めば良い、と思いがちですが、自分の体質を理解し、食事等の生活習慣を整えていかなければ、医療は対症療法、その場しのぎで終わってしまう事も多いものです。カウンセリングでは、自分の内面に向き合うことが多いですが、きちんと食べているか、眠れているか等の確認もしばしば行います。内面に向き合うことも大切ですが、それ以前に食事と睡眠といった基本的な生活が土台にあり、それが整ってこそ、心の状態も良い方向に向いていくからです。いらいらしがちだったり、疲れて気力がわかないのは、基本的な生活の乱れが大きく影響している可能性もあります。

薬膳は中医学の理論をもとに食材を選び調理される食事のことで、医食同源という考え方を重視しています。医食同源とは、「病気を治すのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じ」という意味です。自分の体質を理解し、体質にあった生活を整え、それでもうまく行かない際、薬等の医療の力を借りるのが望ましいと、私は常々思っています。実際には、生活を整えるにしても、仕事や家事、育児、介護等で自分の都合だけではコントロール出来ないという事も往々にしてあるかと思います。その際は、応急的に薬を使って大変な状況を乗り越えるということも必要になるでしょう。しかし、それはあくまで応急的であり、状況が落ち着いた際は、やはり生活を整えることが必要だと思います。

そこで、食生活を整える上で、参考になりそうな食材を簡単に紹介します。

体質は人それぞれになりますので、これから迎える冬に合った食材を取り上げます。料理をするのはハードルが高い人も、コンビニや外食でメニューを選ぶ際、意識してみると良いかもしれません。

冬と関係が深いのは腎です。腎は、私たちの生命活動の源となる勢力を貯蔵し、全身に活力を与える器官(西洋医学の腎臓とは異なります)です。腎が弱ると、生命エネルギーが衰えて、気力、体力、活動量ともに低下し、元気もやる気もなくなるとされています。また、腎は膀胱や骨、骨髄、耳とも密接な関係があるため、機能が衰えると尿の出が悪くなり、体の中に余分な水分が滞って、むくみや冷え、貧血、膀胱炎、下痢、腰痛、足腰の衰え、耳なりのなどの症状が起こりやすくなります。そのために、冬は腎を補い、体を温める食材を取ることがおすすめです。

腎を補う食材:ブロッコリー、カリフラワー、にら、さつまいも、やまいも、うなぎ、海老、たい、ほたて、羊肉、豚肉、黒豆、黒胡麻、くるみなど

身体を温める食材:玉ねぎ、かぶ、にら、しょうが、鮭、海老、牛肉、鶏肉、羊肉、

唐辛子、シナモン、紅茶など

焼鮭、海老入りにら玉、ブロッコリーと胡桃のあえ物、黒豆、玉ねぎの味噌汁等といったおかず、シナモンや生姜がたっぷり入ったチャイなど一品でも取り入れたら、「冬に備えた食事で滋養しているな~」と、改めて季節や身体に目を向けている自分の食卓が満たされるのではないしょうか。

感情理解における言葉の重要性について

 以下、心理士鈴木のまとめた文章です。治療の参考にして下さい。

心身相関という言葉があるように、心と体の状態は密接に関わっています。この繋がりについては、ぜひ当院のHPにある「内受容感覚」の記事をご参照ください。本記事では、この心身相関をベースに考えつつ、これを発展させて「感情粒度(かんじょうりゅうど)」という観点から、心を穏やかに保つ方法について考えたいと思います。

緊張すると心臓がドキドキする、嫌なことがあって何となく胃がむかむかする等、内受容感覚(心拍などの身体内部の感覚)が感情状態に大きく関わっていることが分かっています。では、この感情は私たちの生活の中でどう表現されているのでしょうか。その表現方法の一つに、「感情を言葉にして表す」ということが挙げられると思います。

「悲しい」「嬉しい」「腹立たしい」など、私たちは多くの言葉を使って、自分の中に生じた感情を他者に伝えたり、自分自身の中で眺めたりしています。カウンセリングでも、今困っていることや悩んでいることなど、心のうちに抱えているものを言葉にして見つめてみることが多いです。

 感情は大まかに、ポジティブ・ネガティブなものに分けられますが、このポジティブ・ネガティブそれぞれの中にも、様々な感情があります。例えば、「悲しい」はネガティブな気持ちだと言えますが、その延長線上には「絶望」があり、反対により強度の低いものとして「嫌な気持ち」などがあるかもしれません。これは「ネガティブ」という感情の種類は同じですが、感情の大きさが異なります

 自分の感じている感情がポジティブか、ネガティブかという判断については、少なくとも同じ文化圏であれば個人差はそれほどありません。ただ、感情の大きさ(強弱)を区別する能力の程度には、個人差があると言われています。このように、生じた感情を細やかに認識することやその程度を「感情粒度」と呼びます。感情粒度が高いということは、感情をより細やかに感じられていることを表します。この感情粒度が高いと、精神的健康を保つことにもつながると言われています。

この感情粒度の高さには、感情の元である内受容感覚を知覚する能力も関係していると言われていますが、語彙としてその感情の概念を獲得しているかどうかが大きく影響していると考えられています。感情以外で考えてみると、例えば「木漏れ日」という言葉があります。葉っぱから漏れ出ている光のことを指しますが、この言葉は日本語特有の言葉(概念)で、外国語だと一言では言い表すことが出来ません。そのため、「木漏れ日」という言葉を知らない人は、木漏れ日を目で見て知覚することはできますが、その概念を持ち合わせていないため、「木漏れ日」には気づくことができません。感情も同様に、それを言い表す言葉を知っていてはじめて認識することができます。

上記のことから、感情粒度を高めて生活していくためには、特に感情を表す語彙を増やすことが大切だと言えます。単語を調べる中で、新たな感情語との出会いとともに、自分の中の新たな感情を発見できるかもしれません。おすすめは、外国語を調べてみることです。ドイツ語では「Fremdschämen」(他人の不幸や恥ずかしい行為や失敗する姿に同情する気持ち)、「Futterneid」(食事をしているとき他の人が食べているものがうらやましくて仕方がない気持ち)のように日本語ではなかなか一言では表せない、けれども感覚的に理解することのできる感情語があります。

 特に高校生では、受験勉強の一環として英語の勉強をしていることも多いと思います。受験のためだけでなく、自分の考えや感情の幅を広げ、それまでとは違った世界の見方をすることにもつながると思うと、一層英語学習のやる気も出てくるかもしれません。

心理士コラム②

「ありがたくないプレゼント」 ~症状の意味を問う~

心理士沓名のコラムです。

ある精神科医の先生は、症状について次のように述べています。

頭によって心の奥の方に追いやられている本当の自分の欲求があります。その欲求が頭によって押さえつけられて、意識化されない。心から発せられる真の欲求が頭からのコントロールによって、「まあまあ、そうはいっても現実は・・・」と後回しになったり、「そういうことは望んではならない」と抑圧されると、その抑圧されたエネルギーが我慢しきれなくなってメッセージを発します。真の欲求は、長い間抑圧された恨みもあるし、頭に本気で考え直してもらう必要もある。だから、症状は派手なものでなければならないし、気づいてくれるまで何度も繰り返し起こさなければならないのです。

このように症状というものは、必ず大切なメッセージを含んでいるのです。ですから、本来は有難いものなのです。この症状がなかったとしたら、この人はこの先も不自然な自分らしくない状態で生きていることになる。そこを軌道修正させてくれる病気の症状というものは、プレゼントとして受け取る必要があります。実に嫌な「不幸」「苦しみ」というラッピング用紙に包まれているけれど、その中身は本人にとって、とても大切なメッセージが入っている。このプレゼントは、受け取りを拒んでも、症状の再発という形で必ず再配達されてくる。いつかは覚悟してきちんと受け取らなければ終わらないものなのです。

例えば、うつは、休んでいるしかないような状態が起こるので、「休息して、充電しなさい」「立ち止まって考えてみるように」というメッセージとも受け取れます。単純な充電で済む場合はうつにはならず、「疲れたので休みたい」「休んだら元気になった」となるはずですが、うつ症状が要請する充電はちょっと特殊です。特にうつが再発した際は、元の状態に戻っただけでは済まない、「このままでいいの?立ち止まって考えてみて」というメッセージをしっかり理解する必要があります。

 パニック障害はどうでしょうか。この不安発作は、突然理由もなく訪れる「今にも死ぬんじゃないか」と感じるような不安の発作です。

 ラテン語で、「メメント・モリ(=死を忘れるな)」という言葉があります。死ということを隣においてみた時に、初めて自分の今の生き方が問われます。だから、「良くい生きるために、死を忘れてはならない」ということを意味する言葉です。パニック発作でもたらされる「今にも死ぬんじゃないか」という感覚は、強制的にメメント・モリが訪れた状態とも受け取れます。日常生活の中で、「まあ、そのうちやるさ」「これは本当の姿じゃないけれど、とりあえずこうしておこう」とごまかしている。一番その人らしい中心、本当のその人がすっかり追いやれて大切にされていない状態ですごしていると、不安発作が訪れて、「自分のメメント・モリから遠い生き方になっていないかを改めて見つめては」というメッセージが届くかもしれません。

 辛い症状に苦しまれている方は、早く以前のように戻りたいと思われるでしょう。しかし、元の姿・あり方は、ご自身にそのような症状を生み出す負荷のかかったものかもしれません。辛い「不幸」「苦しみ」というラッピング用紙に包まれているプレゼントを受け取り、その中にある大切なメッセージに向き合うことで、新たな自分の在り方を模索するきっかけが潜んでいるかもしれません。