心理面接・検査

心理面接

当院では、必要に応じて心理士の先生による心理面接をおすすめしております。病態形成に心理的要因が大きい場合などに有効と思われます。定期通院の中で面接の併用が望ましい場合などは主治医から提案させて頂きます。面接のみの通院はお断りしております。費用については主治医にご相談下さい。

心理士紹介

沓名ちひろ

略歴

立教大学文学部心理学科卒
立教大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了
精神科・心療内科クリニックを中心に勤務してきました。

資格・トレーニング歴

臨床心理士
公認心理師
TFT(思考場療法)アルゴリズムレベル修了

自己紹介

支持的精神療法や認知行動療法、精神分析的心理療法等を学び、統合的な心理療法を用いております。
日々生活していく中で、具体的な困りごと、漠然とした違和感・不安感があり、生きづらいと感じることがあるかもしれません。そのような事柄に対し、安心して自由に語り、自分自身を見つめ直すことを通して、「自分が自分らしくいられる」ようなサポートができたらと考えております。よろしくお願いします。

恩田千愛

略歴

高知工科大学マネジメント学部マネジメント学科卒
創価大学文学研究科教育学専攻臨床心理学専修修了

資格・トレーニング歴

臨床心理士
ボディコネクトセラピー コアスキルトレーニング修了
TFT(思考場療法)アルゴリズムレベル修了
TFT(思考場療法)診断レベル修了

自己紹介

お一人お一人の困りや悩みに寄り添い解決のお手伝いができればと思っております。
よろしくお願いいたします。

中村奈生

略歴

成蹊大学文学部国際文化学科卒
上越教育大学大学院教育支援高度化専攻心理臨床研究コース
心療内科・精神科クリニックで勤務してきました。

資格・トレーニング歴

臨床心理士
公認心理師
厚生労働省高度医療人材育成プログラムTICPOC東京大学医学部付属病院精神神経科基礎コース修了
ADHD児へのペアレント・トレーニング実施者養成研修修了

自己紹介

カウンセリングが安全で安心できる場になるよう、お一人おひとりの価値観を大切にしてお話を聞かせていただきたいと思います。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

心理検査

心理士の先生による心理検査を適宜行っております。
うつ病に対するSDS、不安障害に対するSTAI、性格や気質の検査としてTEG−Ⅱ、バウムテスト、風景描画法、ロールシャッハ検査などを適宜行っております。
検査費用について基本的に保険診療で行っておりますが、一部検査においては予約料が別途かかります。

ロールシャッハテストとは?

ロールシャッハテスト

スイスの精神科医であるヘルマン・ロールシャッハが1921年に考案した心理テストです。ロールシャッハは、子どもの遊びからヒントを得て、インクの染みが精神疾患の診断に用いられないかと研究を重ねました。インクを落としてできた様々な模様の図版の中から10枚を選び出し、さらに印刷所のミスによる図版の陰影をも有用であると判断して取入れ、現在の図版ができあがりました。このように偶然にできた図版が、私たちの心理的世界を巧みに映し出す刺激要素となり、パーソナリティの特性を知ることができる検査となっています。

現在、この図版は世界中で規格が統一され、勝手に図版を作成して検査に使用することは禁止されています。ロールシャッハテストはこれまで様々な研究が行われ、その信頼性と妥当性が繰り返し議論されています。検査の結果には個人差があるので、パーソナリティ検査として普遍性に欠けると指摘される一方で、パーソナリティの特性を知るためのツールとして有効であると実証されているのも、また事実です。

この検査の実施時間は、1~2時間程です。図版を見て、その図版が何に見えるかを答えていきます。正解や不正解はないので、見えたように自由に答えて下さい。検査によって考察できることは、思考様式・感情状態・対人関係・行動パターン等多岐にわたります。検査を通して自分の特性を知り、自分が現在抱えている問題・困っていることにどう影響しているかを考えるのにお役立て下さい。

風景構成法とは?

風景構成法

風景構成法は、1969年に精神科医の中井久夫氏によって創案されました。投影法による心理検査、芸術療法の中の描画療法としても活用されています。

風景構成法では、イメージ・表象機能を介して,被験者の抱く心のなかの風景(心象風景)を三次元から二次元へ変換して1枚の紙の上に描いてもらうことで,その人の人格特性をみるというものです。この風景構成法は、河合隼雄氏によって日本に導入された箱庭療法に示唆を得て創案されました。当初は,統合失調症患者への非言語的接近法として用いられていたほか、箱庭療法の使用の可否を検討する予備テストとして使用されていました。現在では、病院臨床の領域はもちろん、教育相談、児童福祉心理臨床の領域、司法関係の領域など、バウムテストとともに広く普及しています。

解釈には、ユング心理学や箱庭の解釈仮説等の知見が用いられます。描画法は本来多義的であり、一義的に判断するものではないという特性を踏まえ、検査者とのやりとりを通して自己理解・自己受容に役立てていくと良いでしょう。

バウムテスト(樹木画)とは?

バウムテスト(樹木画)

バウムテストは、スイスのコッホ(Koch.K 1952)が精神診断の補助手段として考案しました。スイスでは、当時すでに樹木画を、それを描いた人のパーソナリティの表現とみなし、職業適性検査や臨床心理検査に用いていました。しかし、その解釈は経験的直観に頼る場合が多かったそうです。コッホは樹木画の豊富なデータから、樹木画の特徴のなかにいくつかの普遍的な意味を見つけ出しました。彼はそれに樹木のもつイメージの文化史的・神話学的研究成果などの考察を加え、バウムテストを体系づけました。

では、どうして樹木画が、性格テストとして活用されるのでしょうか。コッホは「木の法則は内なるものを外に押し出すことであり、人間の心がその法則に従うのである。(中略)われわれは、樹木画が人間存在の何を描き出すのかのおおよそを知ることができる。それは、深層とごく表層のみごとの混合である」と述べています。木は大地に根を張り、そこから養分を得て天に向けて成長し、やがて枯れて朽ちていくというように、人間の生涯と同じようなプロセスをたどります。そして、形態的にも左右がほぼ対象で、内から外へ向かおうとする動きをもつなど人間とよく似ています。こうしたことから、樹木画には、意識・無意識を含めた自己像の一部が、ひいてはパーソナリティの全体性が反映されやすいと考えたのです。とはいえ、コッホはあくまで樹木画を、「精神診断のための補助手段」と位置づけており、「われわれは限界を知っていなくてはならず、心のすべてが表現されていると判断してはならない」とも述べています。

認知行動療法

心理士による認知行動療法を行っております。当院通院中の方で薬物療法にて改善が不十分な方や減薬を試みたい方、うつ病の再発を予防したい方などはご相談下さい。

認知行動療法とは、今注目されている心理療法の一つで、厚生労働省などでも大規模に研究が進められており、うつ病の再燃予防や不安症・強迫性障害に効果を発揮するといわれております。

認知行動療法は「今・ここ」にある問題を扱います。「今・ここ」にある問題は決してコントロール不可能なものではなく、よくよく見てみると、物事の捉え方の問題であることが多くあります。それを認知行動療法では「認知・自動思考」と呼んで特に焦点を当てて取り上げていくのです。「認知・自動思考」に影響を与えるものとして「スキーマ(信念)」というものがあり、それに焦点を当てることもあります。

認知行動療法の基本モデル

具体的には下記のような表を治療者と一緒に埋めていって、気持ちを外在化しつつ治療を進めていきます。

認知再構成法アセスメントシート

認知行動療法の治療方法の一つとしてうつ病をあげてみますが、下記のようにうつ気分とうつ的な思考(認知)には相関があり、互いに悪循環のループを作っています。ここではうつ気分ではなく、変化させられるうつ的な思考(認知)の方に焦点を当てます。認知は外部の出来事を自分なりに解釈したものとなりますが、多くは自然とご自身ごとの考え方の癖があります。その考え方の癖が非常に偏ったものだったりすると、気分や行動にまで悪影響を与えてしまいます。その偏った考え方の癖を「認知の歪み」と一般的に言いますが、認知行動療法ではこの認知の歪みを明らかにし、妥当な考え方に修正していくというプロセスを行っております。

うつ病に対する認知行動療法のイメージ

他にも、人前でドキドキしてしまう、強迫的な行為がやめられない、頭の中に不安がたくさん表れてしまうなど、さまざまな困りごとを抱えている方がいらっしゃいますが、そんなとき、認知行動療法が患者様の助けになれるのではないかと思います。また、お困りごとに応じて、認知行動療法の「行動」の部分にもアプローチをしていきます。具体的にはリラクセーションを行い、日々のパフォーマンスを上げたり、不安やパニックを和らげる手法もございます。

また認知行動療法の進め方を簡単に説明します。
原則として30分間の面接を16-20回行いますが、状態によって回数を変更することも可 能ですので、主治医と相談してください。

① まずあなたのストレスに気付いて、問題を整理してみましょう 。 問題領域リストの例 ・心理・精神症状の問題 ・対人関係の問題 ・職業上・学業上の問題 ・健康の問題 ・経済的な問題 ・余暇・娯楽の問題 ・その他など。
② その問題がどのような状況で起き、その結果どのような感情を引きおこしているのか調べてみましょう。
③ あなたの考え方(自動思考)があなたの感情や行動にどのように影響しているのか調べましょう。
④ あなたの自動思考の特徴的なくせに気付きましょう。
⑤ 自動思考の内容と現実とのズレに注目して、自由な視点で現実にそった柔らかいものの見方に変える練習をします。
⑥ 考え方が変わってきたら問題を解決する方法や人間関係を改善する方法も練習してみましょう。
①~⑥のようなかたちで認知へのアプローチは行われていきます。新しい柔軟な考え方を実際に毎日の中で生かして、使っていくことで、あなたの気持ちが楽になり、ストレスに対する抵抗力も高まってきます。自分を信じて練習をしましょう。

*面接のあいだには場合により、実生活の中で行う宿題(ホームワーク)が出されます。これは治療と 治療をつなぎ、外来と日常生活を結ぶもので、面接で話し合った事を考えたり、行動してみたりする目的があります。 宿題といっても、学校で出されていた気が重いものは違いますから、安心してください。患者さん一人一人が、より早く回復する上で役に立つ課題で、具体的な内容は患者さんと治療者 がそのつど無理がないように話し合いながら決めていくものです。

自律訓練法

心と身体の状態はつながっているため、心の問題への一つのアプローチとして、リラクゼーション法はとても有効です。他の心理療法と比べ、身体感覚として変化が現れますので、変化を実感しやすいのもメリットです。練習すればするほど、ゆっくりとした呼吸、血圧の低下、幸福感の増大といった効果が実感できます。また、リラクゼーション法は、さまざまな健康障害の管理に有効であることが研究されています。 リラクゼーション法の有名なものとして、自律訓練法がありますが、他にも筋弛緩法や呼吸法、バイオフィードバック(行動療法)などさまざまな方法があります。

あがり症や対人緊張が強い方だけでなく、不安や心配が浮かんで困っている方や発達障害の方にも適応があります。また、日常的なストレスが高い方も、ストレスのセルフコントロールを目指して実施される方もいます。
当院でも実施しておりますので、ご希望がありましたらお伝えください。

ここではその中のひとつ、自律訓練法についてお話いたします。
自律訓練法は、1932年から行われている歴史の古い治療法です。
方法は、まずゆったりとできる椅子に座ります(もしくは、ベッドに寝た状態でも構いません)。その際に身体を締め付けるベルトや時計などは緩めたり外したりおくとよいでしょう。
暗く、静かで落ち着ける場所で行うことが肝要です。

3大リラックス法

それでは、ここから自律訓練法の公式についてお話いたします。
まずは、「気持ちが落ち着いている」と心の中でゆっくり繰り返します。この言葉は、その後の各公式の合間にも思い浮かべると効果的です。

【第1公式】

①両腕・両足に重さを感じます。右腕・左腕のどちらかに意識を向け、「とても重たい」と思って繰り返してみます。始めのうちは感覚の変化を感じられないかもしれませんが、練習していくと必ず感覚が出てきます。逆の腕も同様に行います。

②今度は同様に、右足・左足についても一つ一つ暗示をかけていきます。
両腕両足が重く感じられたら、うまくいっていますし、何らかの感覚の変化を感じられたらOKです。

【第2公式】

今度は同じやり方で「腕がとても温かい」と心の中でゆっくり繰り返します。両腕両足すべてにひとつひとつ行います。温かい感覚は、重たくなる感覚より出てきやすいので、あまり変化が感じられなかった場合は、暗示をかけている腕や足への注意をしっかり向けて行きます。

【第3公式】

腕に意識を向け、「心臓が静かに打っている」と心の中で暗示させていきます。

【第4公式】

呼吸に意識を向け、「自然に楽に呼吸している」と心の中でゆっくり繰り返し、腹式呼吸を行います。

【第5公式】

おなか、胃のあたりに意識を向け、「おなかが温かい」と心の中でゆっくり繰り返します。

【第6公式】

額に意識を向け、「額が心地よく涼しい」と心の中でゆっくり暗示していきます。

【消去動作】

リラックスした状態でいきなり立ち上がったりするのは危険なため、消去動作を行います。まずゆっくり目を開けて、手をグーパーグーパーうごかします。足も動かしていきましょう。最後に大きく背伸びをして、リラクゼーションを終了します。

リラクゼーション

TFT(思考場療法)

TFTとは

TFTはThought Field Therapyの略で、日本語では「思考場療法」と言います。
認知療法のパイオニアの一人キャラハン博士によって1970年代終わりから研究され、体系化された新しい心理療法です。キャラハン博士は、東洋医学の経絡のツボをたたく ことで深刻だった恐怖症を治したところから、研究・発達させました。
TFTは、症状に焦点化しながらも、言葉に頼らない方法で、心理的ストレス、身体症状、どちらかわからない症状にも適用できます。また、エビデンスがある(研究で効果が証明されている)セラピーとしてアメリカの政府機関(NREPP)に登録されています。

TFTの特徴

  • トラウマ(心的外傷)、PTSD、恐怖症、不安、ストレス、怒り、悲しみ、罪悪感、強迫性症状、うつ、体の痛み、パニックなど、広範囲の心理的問題に対処できます。 その効果は90%以上と言われ、年齢に関係なく、ペットにも適用きます。
  • 方法が簡単で、効果が早いと(10~15分)、副作用なく安全です。
  • 医療、心理、東洋医学の臨床、福祉関連施設や企業、スポーツ選手など広い分野で活用されています。
  • 通常の心理療法と違い、セルフケアにも適用できるという大変便利なテクニックです。
  • 世界の紛争や災害における人道支援に使われています。

自己治癒力を活用する

TFTによって症状が消去されるのは、自己治癒力によるものです。特定の症状に必要な経穴(ツボ=施療ポイント)を正確な順序でタッピングすることによって、あなたの経絡(体のエネルギー)が活性化され、思考場にあるパーターベーション(すべてのネガティブな感情の引き金になるような、とげのようなもの)を取り除きます。
副作用の心配がないのも、私たちの中にもともと備わっている自己治癒力を引き出すからだと考えられます。また、その人の考え方や認知、記憶を変えずに、症状のみを取り除くために、自然なセラピーだと言われています。

TFT

日常で使えるTFT

TFTは自分で必要なときにいつでも行えます。器具は必要なく、ツボを指で軽くたたくだけです。不安、恐怖、依存、うつ、トラウマなどさまざまな症状に対応するための手順を定式化したものがアルゴリズムです。問題の症状を一つずつ、適切なアルゴリズムを使って対処します。正しい手順で行えば、だいたい7割以上の確率で問題が解決できます。

TFT

ボディコネクトセラピー(BCT)

ボディコネクトセラピーとは

ボディコネクトセラピーとは

ボディコネクトセラピーは従来から効果的であった心理療法のエッセンスに、全く新しい概念を加えて考え出した身体から働きかける心理療法(ソマティックサイコセラピー)です。トラウマは情報とエネルギーとして、脳だけでなく身体にも残されています。身体感覚(フェルトセンス)に注意を向けることで、脳と体をつなぎ、トラウマのエネルギーをペンデュレーション、タッピング、眼球運動、アファーメーション、タッチセラピーなどを用いて体から解放(discharge)していきます。その概念は一つ一つ科学の裏付けがなされています。 特徴は一つ一つのトラウマ記憶の処理にかかる時間が圧倒的に短いこと、活性化が出にくいこと、解離起こしにくいように工夫されていることなどです。(ボディコネクトセラピーHPより引用)

BCTは東京未来大学の藤本昌樹先生が開発し、made in japanの心理療法であることから日本人の性質にも適していると言われています。その方法は問題となっているものを思い浮かべた際に生じる身体感覚に注意を向けながら、眼球運動と並行してご自身で特定のツボをタッピングすることでトラウマのケアを進めていくという流れになります。また、素早く安全にトラウマのケアが進む特徴があるため、負担が少なく効果的にケアを行えます。以下では、BCTで使用する呼吸法とタッピングするツボについて紹介します。

BCT

ボディ・コネクト・ブレス (BC呼吸): ボディコネクトセラピーで使う呼吸法です。

- BC呼吸のやり方・ポイント -

  1. 楽な姿勢で椅子に座る(からだの力が抜けない場合は、一度からだに力を入れてから抜くと抜きやすくなります。)
  2. 膝の上に手のひらを上にして置く(この時、からだや胸が開くような感覚を少し感じてみましょう。)
    • (1)息を吸いながら、こぶしをギュッとつくり、息を一旦止める。
    • (2)こぶしをゆっくり開きながら、息をゆっくり吐き、手のひらでゆっくりパーをつくる。

ボディタッピング:指2、3本を使い、下記①から⑦の場所を好みのスピードで順番にタッピングします。なお、タッピングを避けたい場合は、嫌な箇所を省いたり、触れるだけや撫でるだけでも問題ありません。

ボディコネクトセラピーでは、タッピングが1カ所終わるごとに、ボディ・コネクト・ブレスを行います。
例)合谷が終わったら、ボディ・コネクト・ブレスを行ってから、足三里のタッピングを実施し、その後も同様の流れでタッピングを行っていきます。

合谷

人差し指と親指の骨が交差するくぼみの部分で、人差し指側の骨の内側あたりです。合谷は、片手ずつタッピングします。

例) 右手の合谷をタッピング
→ボディ・コネクト・ブレス:2回
→左手の合谷をタッピング

合谷

足三里

すねの外側の、膝から指4本分下の部分にあるツボです。
両足同時にタッピングします。

足三里

眉間(印堂ともいいます)

眉の間です。眉間はタッピングするか、指で揉んでください。

鼻の下

唇の下(あご)

眉間

胸腺

胸部の中央前側にあります。

胸腺

神門

手首内側で、小指側のくぼみにあるツボです。片手ずつタッピングします。

例) 右手の神門をタッピング
→ボディ・コネクト・ブレス:2回
→左手の神門をタッピング

神門

⑧、⑨は、10〜15回ずつタッピングします。
⑧→⑨、⑨→⑩は連続して行います。(間に呼吸法は実施しない。)

内関

手と手首の境目からヒジに向かって、指3本分のところにあるツボです。
左右それぞれタッピングします

内関

曲池

ヒジを曲げたときにできるシワの先端にあるツボです。
左右それぞれタッピングします。

曲池

胸部

左右それぞれ10〜15回ずつ、手の平で軽く叩きます。

BC呼吸やタッピング

BC呼吸やタッピングはご自宅でも実施可能であり、セルフケアとしても役立てることができます。これまで様々なトラウマ治療を受けてきたけど効果がイマイチ…と感じている患者様に、是非最先端のトラウマ治療を体験していただきたいと思っております。