診療案内

からだの不調外来

「なんだかいつも体調が悪いな」「めまいや頭痛がするな」と思って、一般内科や総合病院など受診しても異常が指摘されず、病院を転々とする方や年のせいと諦めて苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。心の悩み、ホルモンの異常、生活の乱れ、老化などが複合的に絡んだ自律神経のコントロール不良が背景にあると考えられます。

心身症、自律神経失調症、身体表現性障害、解離性障害など様々な病名がつけられ、治療に難渋することも多いです(ここでは「心身症」といいます)。 正確な統計は不明ですが、高齢者の入院の3割程度に心身医学的要因が挙げられます。

当院では、治療に難渋する心身症の症状の背景にある心身の両方の状態を詳細に把握し、的確な診断及び治療に結びつけていたいと考えております。

どんな病気?

心身症とは、「身体の病気の中で、発症やその後の経過に心理社会的な要因が密接に関係しているもの」をいいます。
この「心理社会的な要因」というのは、例えば、性格や行動パターン、ストレスなどのことです。社会的な問題は、人の心の中で葛藤状況を生じさせ、脳や神経の働きにも影響を及ぼすことがあります。

心身症ではこうした精神的に不安定な状態が心身症状として現れていると考えます。
一方、身体的な不調も心の働きに影響を及ぼしますので、心身症では心と身体は複雑な相互作用を念頭においた治療が必要になります。
また症状の出方としては自律神経の異常が大きく関わっております。

自律神経とは?

自律神経とは、全身に張り巡らされている末梢神経の一種でホルモン系、免疫系などと共に私たちの体をコントロールしている大切な体内システムです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経は活動の神経といわれ、体を緊張状態にします。一方、副交感神経は休息の神経といわれ、体をリラックス状態にします。胃や腸、肺、心臓などの臓器が、私たちが意識しなくても正常に働くのは、この2つの自律神経がバランスをとって働いているからです。

自律神経イメージ

原因

全身コントロールシステムである自律神経が調子を崩すと体の各所に様々な症状が出ます。自律神経の機能は常にバランスをとるために変動しており、これに関連した症状も変動が激しく、更には検査異常が伴いにくい特徴があります。

症状が多岐にわたり、変動も激しく、検査異常も伴いづらく、緊急性は乏しい・・・これらの要素のため医師からも『たいしたことない』『気のせい』『うちの科じゃない』『厄介者』などの扱いをされやすい傾向にあります。

また一方で自律神経失調症の症状は多岐に渡るため、当てはめようとすれば当てはまることが多いのです。そうするとなんでもかんでも自律神経失調症となってしまう側面もあります。特定の臓器や器官に限って症状が強く出たり、特定の条件を満たす場合は別の病名(過敏性腸症候群、過換気症候群、起立性調節障害)がつけられます。

更には実は身体の重大な病気である場合や、うつ病などの精神疾患としての対応が効果的な場合もあるため、実は細やかな診断(一見似ている別の病気と見分ける作業を除外診断と呼びます。)や対応が必要です。

当院ではこの除外診断の後に自律神経失調症としての対応が妥当と判断した上でも根気よく、向き合い改善に努めていきます。

症状

自律神経の異常を基盤にするため、多岐にわたり特異的な症状はないのが実状です。

自律神経の症状

  • 消化器系の心身症:機能性胃腸症、過敏性腸症候群、心因性嘔吐症など。
  • 内分泌・代謝系の心身症:糖尿病、甲状腺疾患、肥満症など。
  • 呼吸器・アレルギー系の心身症:気管支喘息、アトピー性皮膚炎、睡眠時無呼吸症候群など。
  • 神経系の心身症:書痙、慢性頭痛など。
  • 循環器系の心身症:高血圧、起立性調節障害など。
  • その他の心身症:疼痛性障害(慢性疼痛)、心因性発熱、慢性疲労症候群、線維筋痛症など。

治療

心療内科では「心身症」という病態(病状)を示す患者さんに対して、心身医学的なアプローチ「心身医学療法」を行っています。

心療内科では、身体的な症状と心理社会的要因との関連を明らかにするとともに、患者さんに対して心身両面から治療することにより、症状の改善を図っていきます。
このとき用いられる種々の方法を総称して心身医学療法と呼びます。

当院では、心理療法を中心に、必要に応じて漢方薬や向精神薬(抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬)などの薬物療法も併用した統合医療を行っています。

一般の内科で処方される薬で症状をおさえる対処療法を行いつつ、一般の精神科やメンタルクリニックで処方される向精神薬も的確に使用していく予定です。治療に難渋することが多いため、漢方薬やカウンセリングの併用も積極的に行ってまいりたいと思います。

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群とは、便秘や下痢などの便通異常を伴う腹部不快感や腹痛が慢性的に何度も現れる病気です。通常の腹痛などとは異なり、大事な会議や試験前などによるストレスが原因で起こる症状です。

便秘と下痢を交互に繰り返すのが、過敏性腸症候群の特徴としてみられます。病気の原因として、精神的な問題(会社や学校にいくなどの義務を果たすことがつらくなっているなど)を抱えている場合が多くみられます。症状を抑えることも重要ですが、それらのストレスの原因の解決をはかることが最も大切です。

当院では、過敏性腸症候群の症状を抑えるための専用の薬がありますので、それを処方いたします。また、行動療法(苦手な状況になれていただく訓練や練習のようなもの)を用いて、ストレスを感じる状況自体に慣れていただくことが重要です。

症状が治まり、今までストレスを感じていた状況に対して自信が出るまで薬をしっかりと続ける事が大切です。症状は直線的に良くならず、良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多いので、それに振り回されて一喜一憂しないことも重要です。

過敏性腸症候群の種類