診療案内

女性特有の悩み外来(こころの症状)

更年期障害

更年期とは閉経を迎える前後10年程度(おおよそ45歳~55歳)を指し、更年期障害は、更年期にあたる女性の2~3割の方に症状がみられると言われています。閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、自律神経系の副交感神経と交感神経という脳のブレーキとアクセルの役割を担う機関に異常があらわれ、さまざまな精神的・身体的変調を引き起こします。

更年期障害では、「身体面」と「精神面」で下記のような症状が現れます。

身体的症状
異常な発汗、のぼせや顔のほてり、頭痛、動悸、息切れなど
精神的症状
イライラ、物忘れ、抑うつ状態、不眠、集中力の低下など

女性ホルモンの減少によって異常をきたした自律神経をもとの正常な状態に戻すために、主に漢方薬と向精神薬を併用して治療を進めていきます。漢方薬では婦人科でもよく処方される加味逍遥散、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸などを使用することが多いです。向精神薬としては、不安や緊張を和らげるSSRIや抗不安薬を使用することが多いですが、患者様の症状に合わせて必要最小限の使用にとどめております。

また更年期障害が多い年代は職場や家庭において、様々なストレスに晒され心理的な強い葛藤を抱えている方や中年の危機を迎えている方も多いです。そのような方は薬物療法では限界があるため、心理カウンセリングの併用もおすすめしております。

女性ホルモン・基礎体温・月経周期

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)は生理の1週間ほど前から、乳房の痛みや下腹部などの身体的な症状、憂うつやいらいらなどの精神的な症状がみられ、日常生活に支障を及ぼしてしまう病気です。生理に伴うホルモンバランスの変化が原因と言われていますが、原因ははっきりとはわかっていません。

月経前症候群の症状は身体面にみられるもの・精神面にみられるもの、軽度のものから重度のものまで150種類以上あるといわれています。また、症状があらわれるタイミングも、生理2週間前からあらわれる人もいれば、2,3日前に突然症状があらわれる人もおり、患者様一人一人によって、大きく異なります。

月経前症候群では以下のような症状がみられます。

身体的症状
吐き気、乳房の痛み・張り、下腹部の痛み、頭痛、首や肩のこり、肌荒れ、めまいなど
精神的症状
眠れない、孤独感やむなしさを感じる、イライラする、憂うつな気分になる、集中力・判断力の低下など

当院での月経前症候群(別名PMS・PMDD)の治療のターゲットはイライラや抑うつなどの精神症状です。身体症状についてはピルなどのホルモン剤の服用が有効なため婦人科での治療をおすすめしております。

精神症状への治療の基本はSSRIの服用です。漢方薬を併用することもありますが効果が不十分な場合が多いためSSRIの服用を第一に考えております。副作用としては吐き気などがありますが9割以上の方が問題なく内服することができております。また飲み方としては、月経前だけ1週間あるいは2週間といった頓服的な飲み方で症状の改善を得られている方も多いです。

さらにビタミンB6(ピリドキサミン)、カルシウム、マグネシウム、トリプトファンなどのサプリメントも精神症状改善に有効といわれており、併用をおすすめしております。

酸化ストレスがセロトニン分解に作用するともいわれており、様々な抗酸化物質の併用もいいかもしれません。

女性ホルモンの影響による身体の病気であり、心理カウンセリングなどを併用することは少ないです。

女性に優しい漢方

西洋医学では病名を重視します。漢方医学ではからだを局所的にみず、心とカラダをひとつのものとしてとらえ総合的に判断します。つまり、症状を重視し、その人の体質などによって処方が異なるのです。
そして、1剤に複数の成分が含まれているため、複数の症状にも効果が期待できます。

冷え性及び関連する症状の漢方治療