診療案内

認知症・もの忘れ外来

物忘れには、年齢による「正常な物忘れ」、認知症になりやすいとされる「軽い物忘れ」、「病気による物忘れ」があります。
これらの中には、早期発見や適切な治療を行うことによって回復するものもあります。また治療の方法が無いとされてきたアルツハイマー病などでも適切な治療や生活習慣を見直すことで症状の改善が期待できます。

当院では「物忘れ」を早期発見し、適切な治療につなげられるよう、診察、神経学的検査、神経心理検査、画像検査などを用いて、総合的な診断を行います。

認知症とは?

認知症とは、さまざまなことが原因で、それまで正常だった脳の細胞が働かなくなってしまい、記憶などの障害が起きて日常生活に支障が出ている状態のことを指します。近年、医療技術の発達や核家族化などの理由から、認知症患者は増え続けています。超高齢化社会に向けて、ご自身やご家族の症状に早くから向き合い、治療を行うことは健康的に歳を取る上でとても大切です。

認知症には、いくつか種類があり、脳の異常が見られる場所や症状などによって分けられます。種類によって治療法も異なり、早めの服薬で症状を抑えられる認知症もあります。

認知症の内訳

アルツハイマー型認知症

認知症のうち約半数近くを、このアルツハイマー型認知症が占めています。脳の神経細胞が死滅していき、記憶を司る海馬が萎縮していきます。初期症状は、もの忘れから始まり少しずつ進行していきます。しかし早期治療によって、進行を遅らせることもできます。

アルツハイマー型認知症の経過の概要

脳血管性認知症

脳の血管の病気が原因で、脳の機能が低下することにより認知症の症状が出ます。症状としては、もの忘れや手のしびれ・麻痺などで、時に症状が出たり出なかったりすることもあります。脳疾患への治療を主に行います。

脳血管性認知症

レビー小体認知症

レビー小体と呼ばれる特殊なたんぱく質が、脳の大脳皮質や脳幹にたくさん集まってしまうために、神経細胞が壊れてしまい、認知症の症状が出ます。初期症状は、もの忘れより幻視や妄想が見られます。症状を改善させる薬もいくつか存在します。

レビー小体認知症

前頭側頭型認知症

脳の前頭葉と側頭葉が萎縮し、神経細胞が少しずつ壊れていくことによって、さまざまな症状が出てくる認知症です。初期症状は、もの忘れはあまり見られず、人格変化や異常行動などが目立ちます。薬物療法と並行しながら、治療を行う医師と話し合い、感情を安定させていくことが症状改善につながります。

2次性認知症

頭部外傷後遺症、慢性硬膜下血種、脳腫瘍、正常圧水頭症、甲状腺疾患、ビタミンB欠乏、薬剤性等の疾患から2次的に認知症症状を呈することもあります。原疾患を治療することで認知機能が改善する場合も多いため、見逃してはいけないものです。

その他

てんかん(特に側頭葉てんかん)やせん妄など認知症と紛らわしい疾患の鑑別も重要です。

検査と費用(3割負担)

長谷川式HDS-R 240円
MMSE 240円
採血 1,000円程度
頭部MRI(他院への予約となります) 5,000円程度

高齢者運転免許の診断

平成 29 年 3 月 12 日に道路交通法が改正されました。75歳以上のドライバーは認知機能検査を受けることが義務付けられました。認知機能検査とは、75歳以上の方が高齢者講習の前に、記憶力・判断力を確認する簡易的な検査です。

  • 49点未満・・・認知症のおそれ【第1分類】
  • 49点以上76点未満・・・認知機能の低下のおそれ【第2分類】
  • 76点以上・・・認知機能の低下のおそれなし【第3分類】

検査結果が【第1分類】の場合は、臨時適性検査もしくは医師の診断が義務付けられます。その結果、認知症と診断されると、運転免許証の取消、または停止となります。

診断書作成いたします。

教習所での認知機能検査の結果で、「記憶力・判断力が低くなっている」との結果が出た場合は、当クリニックにて適切な認知症の診断を行い、診断書を作成いたします。また、結果説明の際にも患者さまの気持ちに寄り添い、丁寧な説明を心がけます。いつでもご相談ください。

どんな検査をするの?

自動車の運転は、多くの情報を瞬時に認識・記憶・判断し次の行動に移す高度な能力を要求されます。そのために必要な認知機能や注意機能、視空間機能が備わっているかを検査(TMT検査)し、総合的に判断します。

費用

上記の認知症の検査費用に追加して診断書作成する場合は11,000円(税込み)が別途診断書料としてかかります。TMT検査費用は無料です。