お知らせ

天気痛について

2022年6月23日

気象の変化で持病が悪化するものを気象病ということもありますが、特に痛みに関するものを天気痛といいます。最近はNHKでもこの天気痛が取り上げられ、世の中で非常にこの症状で困っている人が多いと思われます。

低気圧がくる前や曇りの日に多く、特に当院通院中の方で多いのは頭痛・めまい・吐き気・だるさなどの症状が多い印象です。特にメンタルで調子を崩す方の多くにこの天気痛は合併しており、梅雨の時期などは五苓散などの漢方の処方が非常に増加します。

詳しい原因はわかっておりませんが、耳の中の内耳という気圧を感じるセンサーの問題といわれております。内耳が気圧の大きな変動を完治すると自律神経が乱れ様々な症状を引き起こすといわれております。

対処方法として以下のものがあります。

①天気痛アプリを使用して、低気圧に備えて準備する。

②薬を使用する

漢方薬:五苓散、苓桂朮甘湯

抗めまい薬:トラベルミン

痛み止め:ロキソニン、カロナールなど。市販薬でも可能ですが乱用はしないこと。

③食事と運動

バランスのとれた食事、規則正しい運動習慣は重要ですが、漢方で水毒に作用する漢方が効果的であるため、特に水分摂取→発汗の繰り返しは重要と思われます。具体的にはサウナ、岩盤浴など定期的に通うことなど有効かもしれません。ビタミン・ミネラルのバランスのとれたサプリの服用も人によっては必要と思われます。